公益財団法人 吉田記念テニス研修センター

選手育成

  • HOME »
  • 選手育成
選手育成

卒業してからも続く生涯のつながり

Past Junior Team(略称:PJT)はフューチャーズプログラムを中心に10,000時間を目指してジュニア時代にテニスをやり通した有志が自発的に集い運営している同窓会組織です。

自身が培った経験を基にTTCまたTTCジュニア活動にアドバイスや援助を行っています。

2000年に発足し少しずつ活動を広げていくべく着実に歩んでいます。

毎年、数回のPJT会を開催し、選手育成の卒業生とその家族が参加し交流を深めています。

PJT情報

小和瀬麻帆さん『全米で1人の快挙!』
2018-05-30 更新

これはTTCフューチャーズプログラム卒業生、小和瀬麻帆さんのとても良い話です。

 

2009年度インターハイ優勝や、全日本ジュニアダブルスで優勝するなど日本でも好成績を残してきた彼女だが高校卒業後はアメリカ留学の道を選んだ。

 

そんな彼女に2013年の4月、嬉しい知らせが届いた。 彼女の試合における公平な態度が認められ全米大学体育協会(NCAA)からスポーツマンシップ賞が贈られたのだ。

 

彼女は当時、アメリカのジョージア州立大学の4年生でテニスチームに所属していた。このチームは全米で1200校以上登録してある中でも上位にランクされる強豪チームで、彼女はその中で主に2番手として数々の好成績を上げ活躍していた。 その3年生の時のスポーツマンシップが評価されての受賞だった。

 

 2012年NCAA女子テニス選手権の2回戦、チームスコア3対3の大接戦でチームの勝敗の行方が次に戦う彼女の試合にかかった。チームにとってそのシーズンの集大成とも言える大舞台で3回戦に進めるかどうかの大事な場面であった。そして彼女の試合もファイナルセットに縺れ込む中、ある場面で審判が実際のスコアとは違う、彼女にとって有利なスコアをコールした。

 

「初めはポイントが欲しかったです。シーズンで一番大事な試合でしたし1ポイントが流れを大きく変えるかもしれませんでした」と彼女は後に言う。 だが対戦相手が不服を申し立てると彼女は即座にそれを受け入れ審判にスコアの訂正を求めた。その後、接戦を制し勝利を引き寄せ、チームも4対3で勝利を収めることができた。

 

「チームメイト、コーチやファンの皆が応援してくれていました。チームのために全てを尽くしたいと思いました。対戦相手も同じことを思っていたでしょうし、本当のスコアも分かっていたのでスコアを訂正しフェアにプレーをしようと思いました」

「この賞は全てのスポーツ競技の中から全米で男女各1名ずつに授与される、とても名誉ある賞です。TTCで教えていただいた、礼儀やあいさつの大切さ、謙虚に感謝する心、真面目に努力する姿勢が海外でも認められた証だと思います」

そんな彼女の努力はテニスだけにとどまらず、文武両道を志し、在学中にオックスフォード大学への短期留学も実現させた。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 04-7134-3030 9:00~23:00

スタッフ募集
TTCへの誘い
体験レッスンのご案内
ご入会について
お客様の声
テニススクール
一般テニススクール
楽楽テニス
ジュニアテニススクール
キッズテニス
車いすテニススクール
フィットネス
コーチ&スタッフ
料金のご案内
レンタルコート
選手育成
プログラムの紹介
選手紹介
選手情報
PJT情報
PJT進学先一覧
会員ページ
トーナメント・イベント
トーナメント情報
イベント情報
研修・セミナー
研修・セミナー
セミナー開催のお知らせ
TTCのご案内
TTCについて
施設のご案内
お問い合わせ
よくあるご質問
遊育くらぶ
遊育くらぶの概要
遊育くらぶのスタッフ紹介
遊育くらぶの活動の様子
アクセスマップ・送迎バス
遊育くらぶのお問い合わせ
サポーターになりませんか?
賛助会
Le Club TTC
レッスン予約
レッスン予約(PCからの予約)
スレッスン予約(携帯からの予約)
PAGETOP
Copyright © Tennis Training Center All Rights Reserved.